皮膚科の医療脱毛とは

皮膚科の医療脱毛では、医療用機器を使います。医師が常駐している施設だけが使える照射パワーが強い機器で、半永久的な効果を目指すものです。永久脱毛を希望するなら皮膚科や美容外科の医療脱毛を検討する必要があり、エステのケアとは異なります。継続的に通えばケア効果が長続きしやすく、確かな結果を期待できます。エステのレーザーマシンは医療機器ではないので、照射パワーが制限されます。痛みが少なく気軽に通えるメリットはあるものの、効果重視の方だと不満を感じるケースも出てくるでしょう。医療用機器として認定されたマシンでしっかりケアできるところは、医療脱毛の大きな強みと判断できます。

皮膚科と美容外科の線引きは、得意とする科目でしょう。美容外科では二重まぶたやアンチエイジングなど、より女性のトラブルに寄り添ったケアをします。積極的に美しくなろうと手を加える女性が行く病院、というイメージもあります。皮膚科でも美白ケアやダイエットメニューを取り入れる病院が増えていて、棲み分けは難しくなっています。美容外科は敷居が高いイメージでも皮膚科は通いやすい、皮膚科は抵抗を感じるが美容外科ならエステ感覚、など個人の考えでも変わってくるので、ストレスなく通える医療機関を選んでください。